このたび三和コムテック株式会社は、RPAツール「AutoMate」の 新バージョン11.6 日本語版を
リリースすることとなりました。

(全エディション対象:Enterprise/Plus/Ultimate/Pro/Premium/Desktop)

機能の修正やアップデートが加わっております。

 

なかでも、タスクの開発を容易にする「レコーダー」機能に
Webブラウザの自動化操作が追加され、さらに
使いやすくなりました。


▶注目の「レコーダー」機能とは?

「レコーダー」機能とは、より直感的な操作、少ない設定項目で アプリケーションの自動化操作を設定することができるAutoMateの便利ツールです。

■レコーダーでは、1ステップずつ記録することができますので、きめ細やかな設定にも対応しています。

 

■70種類/700項目と、豊富なシナリオが特長のひとつであるAutoMateですが全ての機能はなかなか使いこなすことが難しいという声も・・・。
レコーダーなら、数十種類あるアクション内のアクティビティを操作内容によって自動で設定しますので、毎回手動で指定する必要はありません。

 

■レコーディングで生成されたステップは、タスクビルダー上でより細かく設定することが可能です。従来のAutoMateのタスクビルダーでの自動化操作に慣れている方でも柔軟に連携してご活用いただけます。

 



▶タスクビルダーからかんたん起動!

 

 

タスクビルダーで「新しいレコーディング」をクリック!「レコーダー」画面が起動します

 

 

 「コントロール」をクリックして、操作したい画面上のボタンをクリック!レコーダー画面に実行した操作の内容が記録されます。

 

入力アクション(マウス・キーボード操作)、対話機能アクション、Webブラウザアクションに対応しています。


▶AutoMate11.6の新機能

●レコーダー機能


■ これまでの入力アクション(マウス・キーボード操作)、対話機能アクションに加え、Webブラウザ
アクションをサポートします。

 

■ レコーダーで作成したタスク範囲内にループやコメントなどを設定できるようになりました。

 

■ Plus/Ultimateは標準で利用可能です。

 ※ライセンスの再発行が必要です。再発行は無償で承ります。 

 ※Enterprise版についてはPlus/Ultimateへの移行が必要です。

 ※Pro/Premium版はDesktop with Recorder版への移行が必要です。

 ※Desktop版は追加ライセンス(with Recorder)が必要です。


●追加機能


■ Webブラウザアクションで、タブ操作ができるようになりました。(タブを開く、閉じる、複製、切替)

■タスクビルダーにタスクを2分ごとに自動保存するオプションが追加されました。

■画像アクションが.tifと.jpegのファイル形式に対応しました。

■新しいアクション「ファイル システム - Base64エンコード」と「ファイル システム - Base64デコード」が追加されました。

■新しいアクション「XML – ノードの抽出」が追加されました。XMLノードの値を抽出、データセットへ
格納することができます。


●その他、細かい機能追加および不具合修正



メールでのお問い合わせ/資料請求

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


 

三和コムテック株式会社

〒105-0001

東京都港区虎ノ門2-1-1 商船三井ビルディング 4F

TEL: 03-3583-2518